フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2005年9月月11日(日)
カテゴリー: スタッフの日記

大切な宝物

「ハッピートイズ2005ワークショップ」で「タカモリ・トモコ」さんが素敵なエピソードを披露されました。みなさんにもぜひお伝えしたいなと思い、あらためてメッセージをいただきましたのでここにご紹介します。




PHOTO


PHOTO


PHOTO



タカモリ・トモコさんのパンダのあみぐるみを見た、小学生(低学年)の女の子が編み上げたパンダちゃん。写真でどこまで伝わるか分かりませんが、とてもやわらかでふんわりしていていて、なんとも言えない表情をしています。女の子のやさしさや純粋な心がそうさせるのか、見ているだけで癒される不思議な魅力にあふれていました。ワークショップの後半で登場したこのパンダちゃんからは、手づくりするってどういうことなのか、何が大切なのかを教えもらった気がします。。。


2005年9月月11日(日)ページトップへ