フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2006年8月月 5日(土)
カテゴリー: スタッフの日記

タカモリ・トモコさんの著書のご紹介

先ごろ、制作スタッフのみなさまをはじめ、ハッピートイズプロジェクトへメッセージをいただいた、ハッピートイズ・あみぐるみタイプのデザイナー、タカモリ・トモコさん。ハッピートイズプロジェクトには、2005年のキャラクター「ハッピーバード」からデザインをしていただいています。

タカモリ・トモコさんは、1993年に「テディーベアフェア」の参加を機に、あみぐるみ作家として活動をはじめられ、現在は、展覧会を全国で行うほか、カルチャーセンターの講師や著者、企業のキャラクター制作など、広く活躍中の注目の作家です。

今日は、そんなのタカモリ・トモコさんのご本をご紹介したいと思うのですが、「この本をご覧になるみなさまへのメッセージをいただけないでしょうか?」とお願いして、特別にご著書『あみぐるみの本』についてメッセージをいただきました。ご本とともにご紹介します。

あみぐるみの本
Photo_132
かぎ針と毛糸さえあれば、どこででも編めてしまうのがあみぐるみの魅力です。この『あみぐるみの本』には、タカモリ・トモコさんオリジナルデザインのねこやうさぎなど、かわいいあみぐるみの作り方が写真付きで紹介されています。 タカモリ・トモコさんデザインのハッピートイズ・あみぐるみタイプの制作で、プロジェクトに参加される「制作スタッフ」のみなさまには、ぜひ手にとってご覧いただきたい一冊です。きっと、魅力あふれるあみぐるみの世界がさらに広がると思います。

『@Bokkport』では、タカモリ・トモコさんのそのほかの著書もご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。


---タカモリ・トモコさん からのメッセージ---------------

あみぐるみの本

この本は私にとって思い出の本になると思います。
それは、画期的なほど不思議な写真によって、
どのページも絵本の世界の一部分のようだからです。
読者のみなさんがその先のストーリーを創作しながら、
編んでくれたら、私にとって大成功です。

タカモリ・トモコ
------------------------------------------------

2006年8月月 5日(土)ページトップへ