フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2007年3月月29日(木)
カテゴリー: 寄贈レポート

長野県岡谷市の寄贈レポート

こんにちは! 寄贈担当のMIKAです。

先日、能登半島で大きな地震が起きました。中越地震、そして、阪神・淡路大震災を思い出しました。突然の災害に、被災地のみなさまもいろいろと大変なことと思います。心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りしています。

さて、2006年も、国内各地で大きな自然災害が相次いで起こりました。長野県もそのひとつ。この冬、2005年に誕生したハッピーバードを、大雨による災害で長野県内でも特に被害の激しかった岡谷市の保育園に寄贈しました。
保育園の先生より、かわいいこどもたちの写真が届きましたのでご紹介します。

-----------------------------------------------
暖かな春がやってまいりました。過日はたくさんのハッピートイズをお送りいただきありがとうございました。市政始まって以来という大災害に見舞われた岡谷市も暖かな春とともに少しずつ被災地も明るさを取り戻し始めています。保育園のこどもたちも災害から半年以上の年月が過ぎ、落ち着いた生活を送っております。先月の末には、一年間のまとめとしての発表会がありました。一ヶ月以上、発表会への取り組みが続き、写真をお送りするのが大変遅くなってしまったこと、お許しください。こどもたちはかわいらしいハッピートイズが大好きで、毎日交代でぬいぐるみと関わって遊んでいます。この活動に参加してくださっている全国の方々のやさしさがほんわかと伝わってくるとってもかわいいぬいぐるみですね。ありがとうございました。
(岡谷市立成田保育園 職員一同)

Okaya1
Okaya2
Okaya3
Okaya4
-----------------------------------------------

2007年3月月29日(木)ページトップへ

2007年3月月28日(水)
カテゴリー: スタッフの日記

ハッピートイズフォト日記Vol.6

こんにちはACCOです。 今日も写真のご紹介、はりきっていきたいと思います!

Happy_toys_2006_78

このように、会場ではみなさまからのお便りなどもご紹介していました。

みなさまの想い、会場でご観覧のお客さまへもしっかりとお届けできればと思います。。。

Happy_toys_2006_30_1

Happy_toys_2006_26

Happy_toys_2006_38

Happy_toys_2006_48

プレゼントの上にも座っていましたよ!

070328happy_toys_2006_10_1
こんなにたくさんのねこちゃんたち、これからみんなそれぞれどこかで待っている子どもたちのもとへ、笑顔を届けに行くんですね~。

2007年3月月28日(水)ページトップへ

2007年3月月26日(月)
カテゴリー: スタッフの日記

ハッピートイズフォト日記Vol.5

こんにちは。今日もとびっきりかわいいねこちゃんたちをご紹介いたします。

Happy_toys_2006_82_1   

こちらは、ねこちゃんたちが飾られたもみの木さん。この日のために夏場の静養地神戸市北区の六甲山から会場ににやってきてくれました。1年ぶりの登場です!

Happy_toys_2006_39_11

Happy_toys_2006_11_7

Happy_toys_2006_45_3

仲良し~!

Happy_toys_2006_106_1

Happy_toys_2006_24

2007年3月月26日(月)ページトップへ

2007年3月月23日(金)
カテゴリー: スタッフの日記

ハッピートイズフォト日記Vol.4

みなさまこんにちは。今日も写真をどんどん公開していきます。

こどもたちはもちろん、お披露目展示会場を訪れたみなさまにも笑顔を届ける「ハッピーねこちゃん」、どの子もみんなそれぞれの個性があって、表情豊か! それではどうぞご覧ください。

Happy_toys_2006_9

Happy_toys_2006_49_6

Happy_toys_2006_51_7

Happy_toys_2006_60_5

Happy_toys_2006_70_4

こちらは、歴代のハッピートイズたちです。10年間の歴史を感じますね~。

Happy_toys_2006_112_1

2007年3月月23日(金)ページトップへ

2007年3月月20日(火)
カテゴリー: スタッフの日記

ハッピートイズフォト日記Vol.3

こんにちは、ACCOです。写真公開日記、今日で3回目です。

コレまでの中で、みなさまのねこちゃんは見つかりましたでしょうか!? 少しでも、会場の様子が細かく伝わればいいなと思うので、できるだけたくさんの写真を公開していきたいと思います。

写真はまだまだありますので、こまめに見てにきてくださいね!
(画像をクリックすると大きな写真が見られます)

Happy_toys_2006_5    Happy_toys_2006_37

Happy_toys_2006_42_1   

あ! トナカイに乗ってる!?

 Happy_toys_2006_68

みんないいお顔~!

Happy_toys_2006_96

「トイズの会場へようこそ!」と会期中はブースのひな壇にきれいに飾りつけられたねこちゃんたちが、お出迎えしていましたよ。

2007年3月月20日(火)ページトップへ

2007年3月月15日(木)
カテゴリー: スタッフの日記

ハッピートイズフォト日記Vol.2

こんにちは。スタッフのACCOです。

お待たせしました! 今日は前回の続き、カメラマンさん撮影のお披露目展示会写真公開のVol.2です。

先にご紹介したジャンボねこちゃんや、会場の様子がおわかりいただけると思います。本当にたくさんのねこちゃんでにぎやかだったんですよね~。

それにしても、ジャンボねこちゃんって、本当におっきい! わたしのお気に入りです!! 「連れて帰りたいなぁ~」と、見るたびに思っちゃいます・・・。

それでは画像をどうぞ、みなさまのねこちゃん、探してみてくださいね!

Happy_toys_2006_41    Happy_toys_2006_66

Happy_toys_2006_74    Happy_toys_2006_122

Happy_toys_2006_152

いかがでしたか? あらためて見てもやっぱりどのねこちゃんもみんなすてきな表情ですよね。

次回もど~ぞお楽しみに~!!

2007年3月月15日(木)ページトップへ

2007年3月月 8日(木)
カテゴリー: 寄贈レポート

ベナンの寄贈レポート

こんにちは! 寄贈担当のMIKAです。昨日に続いて寄贈のご報告です。

この冬、2005年誕生したハッピーバードが中央アフリカにある国、ベナン共和国に寄贈されました。ベナンは、昨日ご報告したブルキナファソに接している国です。
今回寄贈の協力をいただいたのは、ブルキナファソと同様に、ハンガー・フリー・ワールド(以後HFW)のスタッフ。
こちらも、HFWの冨田さんからかわいいこどもたちの写真が届きましたので早速紹介します。

Be1
Be2
Be3
以下、冨田さんから寄贈先である幼稚園の様子を詳しく教えていただきました。
---------------------------------------------
2006年10月に、HFWの事業地である、ベナン共和国南部のベト村に幼稚園が開校しました。現在3~5歳のこども達90人が幼稚園に通っています。この幼稚園は、早くからこどもたちが教育を受ける機会を持つことで、教育の重要性への理解を促すとともに、児童労働を防ぐ目的があります。
2007年2月にHFW本部職員が開校以来初めて視察に訪れたときに、みなさんからいただいたハッピートイズを寄贈させていただきました。
早期教育が農村地域で行われることはまだまれなベナン。農村地域のこどもたちが必要とすることを学習できるよう、教育の内容にこだわっています。同地域の出身者を選び教員として育成するための研修を毎週行い、事業開始前に行った調査結果を基に、独自のカリキュラムつくっています。これらの効果は、こどもたちの成長を見ると一目瞭然。つい3ヶ月前までは、フランス語を家庭でもほとんど聞いたことのなかったこどもたちが挨拶や、歌を歌うことができるようになっていました。また、衛生面の指導を行い、手洗いや清潔な水を飲むことなどを教えています。以前は、水浴びをすることを嫌がっていやこどもたちが、毎朝率先して水浴びをする姿に、お父さんお母さんもびっくり。これらのこどもたちの変化は、地域の大人にも影響を与え始めています。
幼稚園の運営をサポートするために、保護者会が立ち上がりました。井戸が離れているため、こどもたちが飲む水を毎朝お母さん達が汲んで運んできたり、子どもたちの集団下校に付きそったりと、保護者会も活躍しています。また、朝、幼稚園にむかうこどもたちの準備を、お父さんが手伝うようになったという女性の声も聞かれました。今まで自分達が受けることのできなかった教育を受ける機会を与えられたこどもたちの成長に、村の発展への希望が見えてきたようです。
---------------------------------------------

2007年3月月 8日(木)ページトップへ

2007年3月月 7日(水)
カテゴリー: 寄贈レポート

ブルキナファソの寄贈レポート

こんにちは。寄贈担当のMIKAです。
この冬、2005年誕生したハッピーバードが中央アフリカにある国、ブルキナファソに寄贈されました。
今回寄贈の協力をいただいたのは、ハンガー・フリー・ワールド(以後HFW)のスタッフ。
HFWは、フェリシモのメリー(お買い物ポイント)で社会貢献できるプログラムにおいて、支援実績のある団体です。こどもたち飢餓から救うことを目的に世界各地で活動されています。今回の寄贈先は、まさに、フェリシモメリーの支援先でもあります。
HFWの冨田さんからかわいいこどもたちの写真が届きましたので早速紹介します。
B_3
B_4

以下、冨田さんからのメッセージです。
---------------------------------------------
ブルキナファソでは、生まれてくるこどもの5人に1人が5歳の誕生日をむかえる前に命を落としてしまいます。HFWは、2005年10月から、国営の健康センターの協力のもと、栄養改善の事業を行っています。
この栄養改善センター(CREN)に通ってくるこどもたち、そして昨年設置された入院棟にハッピートイズを寄贈しました。
毎週水曜日に行われる定期健診にやってくる乳幼児を対象に、体重や腕周りなどの測定、問診を行い、発育状態の良くないこどもをCRENの対象者とします。対象者には治療や薬、栄養強化のためのお粥の提供などを行います。また母親には、栄養強化粥の作り方の指導を行っています。現地で手に入れることのできる食材で作られるこのお粥は、こども達が必要とする栄養素を効果的に摂取することができます。今まで12人のこどもたちが、栄養失調状態から回復。現在約60人のこどもたちが定期的に通ってきています。
---------------------------------------------

2007年3月月 7日(水)ページトップへ