フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2008年3月月28日(金)
カテゴリー: スタッフの日記

ハッピートイズの楽しみ方はいろいろ

みなさま、こんにちは。スタッフの“もぐもぐ”です。
本日、製作スタッフのみなさまからご投稿いただいた「作品ギャラリー」を更新しています。今回も、どれも個性的な“元気なねずみくん”が登場しています! ぜひチェックしてみてくださいね。^^

Photo さて、その中のおひとり、愛知県 ゆみさまは、作られたトイズをお友達にプレゼントされたそうです。プレゼントされたお友達はそのかわいさとゆみさまの温かいお気持ちに、きっと笑顔になられたことと思います。^^ 

世界のどこかのこどもたちへ向けて『フェリシモ』に送ってプロジェクトに参加する以外にも、愛知県 ゆみさまのように、お友達のために製作されたり、我が子のために作られたりと、手づくりしたトイズを身近な人が“笑顔”になるように!と贈るのもハッピートイズの楽しみ方のスタイルのひとつではないかと思います。手づくりのぬいぐるみに込められた温かい気持ちの和が広がって、こどもたちのみならず世界中の誰もが笑顔になる……。「フェリシモ ハッピートイズプロジェクト」はこれからも、そんな将来への想いをみなさまと一緒にカタチにしていけたらと思います。

「元気なねずみくん」の寄贈エントリーは2008年3月24日(月)をもちまして受け付けを終了いたしましたが、「ハッピートイズ作品ギャラリー」へのご投稿はまだまだ受け付けています。愛知県 ゆみさまのように、お友だちに向けて作った作品などなど、『フェリシモ』に送っていない“元気なねずみくん”のお写真も、エピソードと一緒に、ぜひぜひ「ハッピートイズ作品ギャラリー」にご投稿くださいね。^^ お待ちしております!

2008年3月月28日(金)ページトップへ

2008年3月月26日(水)
カテゴリー: スタッフの日記

到着したねずみくんをご紹介(その7)

こんにちは! スタッフの“amm”です。

以前は、『フェリシモ』に届いた箱を開けると、ねずみくんがひんやりした空気と一緒に顔をのぞかせていたのですが、最近暖かくなってきたので、ねずみくんたちも嬉しそうです♪
子どもたちへの寄贈エントリーの締め切りが一昨日だったこともあり、たくさんのねずみくんが届いています。

今回もこれまでに届いたねずみくんの中からいくつか紹介したいと思います。

最初は北海道の(左から)“りーちゅけ”&“ジュリー”です。

Ee  

“ジュリー”は材料付きキットを少しアレンジしてご製作!?、“りーちゅけ”はオリジナルの材料で配色して製作されていますが、はじめからこんなキットがあったかのようにしっくり合った色合いがとってもおしゃれです!編みあがりの柔らかさも絶妙で、ずっとさわっていたくなる気持ちよさですよ♪“りーちゅけ”の方が少し大きかったのでお兄ちゃんでしょうか?

次は三重県の(左から)“シナモン”&“モモ”です。

Ww
おそろいのリボンが素敵ですね♪ 写真では見えにくいですがしっぽが三つ編みでかわいいです。

最後は千葉県の(左から)“アッシュ”&“とあ”です。

Qq

“アッシュ”は白いTシャツをさわやかに着こなしています!そしてこの表情!……癒されます。“とあ”はオレンジ色のお鼻がポイントですごく可愛いですね♪

一昨日、2008年3月24(月)当日必着まで子どもたちへの寄贈エントリーを受け付けしていましたが、受け付け作業には少し余裕をみていますので、送りそびれてしまってあきらめていらっしゃる方も、ぜひ『フェリシモ』へお送りくださいね。それから、発送前には写真を撮って、ぜひぜひ「ハッピートイズ作品ギャラリー」へご投稿ください。

ご投稿はこちらから。“ご利用規約/個人情報保護について”の規約をお読みいただき、同意のうえで次の画面へお進みいただいて、ご投稿ください。

また、このギャラリーでは、それぞれの作品について“コメント”を投稿することができます。投稿の仕方は以前ご紹介したコチラをご覧ください。

2008年3月月26日(水)ページトップへ

2008年3月月14日(金)
カテゴリー: スタッフの日記

到着したねずみくんをご紹介(その6)

みなさま、こんにちは。はじめまして! スタッフの“amm”です。
全国から届くトイズたちの受け付けをさせていただいてます♪

「元気なねずみくん」の寄贈エントリー締め切りまであと10日間程になりましたね。
フェリシモにはまだまだたくさんの“元気なねずみくん”たちが到着しています! お客さまから届いたねずみくんたちを見るたびに笑顔になっています♪ 今日はそんなねずみくんの中から少しだけですがご紹介させていただきます。

まずは、三重県の(左から)“梅桃(うめもも)”&“竹青(たけあお)”と“ムクムン”です。
Photo
私が初めて受け付けをさせてもらった子たちです! トイズと一緒に“楽しいひとときをありがとう!!”というお手紙もいただきました。すごく嬉しくてこの子たちにすごく愛着が沸いてしましました♪ かわいい帽子をかぶっていておしゃれなねずみくんたちです!

つぎは愛媛県の“かずチュウ”です!
Img_3976
きれいな色の毛糸でていねいに編まれていました♪ この子もポンポンの帽子がすごく似合っていてかわいいですね!

つぎは東京都の(左から)“モカ”、“キャンディ”、“ミルク”、“シュガー”の4兄弟です♪
Moka_2
美味しそうな名前の通り、思わず食べてしまいたくなるようなねずみくんたちです! 私は“キャンディ”の水玉ポケットがお気に入りです。きっとキャンディを入れてるのだろうな~と想像しています♪

続いて仲良し兄弟のねずみくんたち、神奈川県の(大きい子から)“Nezuchan1”、“Nezuchan2”、“Nezuchan3”です!
Nezuchan_2
大きさが違うのでそれも個性的ですね♪袋を開けた瞬間、思わず『カワイイ!』と独り言を言ってしまいました! ほかのスタッフにも人気でしたよ。ピンク色の“Nezuchan3”は本当に小さくて、いたずらっ子っぽい表情がなんとも言えません!

つぎのねずみくんは新潟県の(左から)“SNOW”と“BERRY”です。
Snow
“SNOW”は“清く美しく”、“BERRY”は“明るく元気で”というメッセージがピッタリですね♪ “BERRY”の耳の花柄とレースのリボンがすごく素敵です! 2匹ともすごくていねいに作られていてとてもきれいでした。

さて、最後は京都府の(左から)“チュリオ”、“チュリン”、“うらら”、“タピオ”です♪
Photo_2
この4匹はとっても仲良しで、みんなどこかに“ニコちゃん”がいるんですよ! みんな顔つきが違っているんですが、それぞれの澄んだ瞳に見とれてしまいました……♪

「元気なねずみくん」の寄贈エントリーは2008年3月24(月)当日必着まで受け付けております。現在製作中の方も、まだ間に合いますので、どうぞお送りくださいね。同時に「ハッピートイズ作品ギャラリー」への写真&メッセージのご投稿もお待ちしております。

2008年3月月14日(金)ページトップへ

2008年3月月 7日(金)
カテゴリー: スタッフの日記

初めての取り組み。

こんにちは、“もぐもぐ”です。

今日は、「フェリシモ ハッピートイズプロジェクト」に参加していただいた、ある方々をご紹介したいと思います。

“学校法人 松蔭女子学院 松蔭高等学校”が実施しているカリキュラムである「チャレンジ・プログラム」の活動の一環として、「世界の貧困下の子どもたちについて考える」というテーマのもと、3年生の8名の生徒さんにハッピートイズプロジェクトに参加していただきました。生徒さんは12月から2007年度のキャラクター“元気なねずみくん”の製作に取り組んでおり、今回11体のねずみくんが完成しました!

先日、完成した“ねずみくん”たちを届けに、代表生徒さん4名が『フェリシモ』にいらっしゃったので、その様子を久しぶりの登場となる“セレスティーヌ”とともにみなさまにご紹介したいと思います。

“セレスティーヌ”と“もぐもぐ”が生徒さんの待つ席に行ってみると……。

Img_3816

すでに個性豊かなねずみくんたちがテーブルの上に勢ぞろいして出迎えてくれました。「とってもカラフルでかわいいっ!」 “セレスティーヌ”も“もぐもぐ”も思わずにっこり。^^ ねずみくんたちと一緒に置いてあるのは、生徒さんたちがねずみくんを受け取る子どもたちへの思いを込めて描いたメッセージカードです。

Dsc05765_3 このねずみくんたちは、2008年2月23日・24日に“神戸阪急百貨店”でも展示されたそうですよ。ゴミ問題の観点や、貧困と環境の観点から実施されている、同校の「グリーンエコイベント」という教育活動の一環として行われた活動の展示と合わせて、生徒さんのねずみくんたちも紹介されたそうです。

Img_3817Img_3821_2

Img_3818_2Img_3820_2

Img_3819_2

さっそく、ちょっと緊張気味(!?)の代表生徒さんたちにインタビューです!

Img_3814

セレスティーヌ
>>今日はありがとうございます! レポーターのセレスティーヌです。さっそくですが、生徒さんに今回の取り組みについて伺いたいと思います。今回ハッピートイズプロジェクトに参加してぬいぐるみを製作してみていかがでしたか?

生徒Aさん
>>もともと縫いものが苦手だったけど、布選びを友だちとしたり、リボンなどの小物を考えるのが楽しかったです。

生徒Bさん
>>最初、簡単そうだなと思ったけど、実際に作り方説明書や写真を見て、思っていたより本格的で難しそうで無理かもって思いました。だけど、参加するならちゃんとやりたいと思って参加しました。完成するか不安だったけど、ほかのみんなが楽しそうに作っていたので、自分もやってみようと思えたし、教えてもらいながら作っていたら楽しくて予想以上にかわいくできてとてもうれしいです。

生徒Cさん
>>大学で外国について勉強して、将来は国際貢献に関わる仕事がしたいと思っていたときにこのプロジェクトのことを聞いて参加しました。実際に仕事としてではなくても、自分がちょっとがんばって手づくりするだけでも困っている人を助けられるんだ!ということに気づいて、国際貢献の視野が広がりました。

生徒Dさん
>>単純に楽しそうだな、高校生最後の思い出作りにしたいなと思って参加したけど、作っている途中に寄贈先の子どもたちのことを考えたり、完成したぬいぐるみを見ているうちに、子どもたちのために役立ってよかったな、またやってみたいと思うようになりました。

セレスティーヌ
>>みなさん、ねずみくんたちの製作に楽しく取り組んでいただけたみたい。それに、さすが!若い感性でぬいぐるみ製作以外にもいろいろなことを考える機会にもなったようで、よかったです!!
では、このねずみくんたちが贈られる子どもたちに対しては、どんな思いですか?

生徒Cさん
>>作り方をまちがえちゃって顔の向きが作り方説明書通りにできなかったけど、かわいくできたから楽しく遊んでもらえたらいいなと思います。

もぐもぐ
>>そうなんですか!? 私はアレンジしてあるんだと思いましたよ。とってもかわいいですよ!

生徒Bさん
>>一生懸命作ったので、ずっと大事にしてもらいたいです。

セレスティーヌ
>>生徒さんの温かい思いで、こんなにかわいく作ってもらったら、きっとずっと仲良くしてもらえるはず。^^ このねずみくんたちと出会うことができる子どもたちがうらやましいな。今日は本当にありがとうございました。これを機会に世界のことや子どもたちのことにもっと興味を持ってもらえたらいいですね。

……と、こんなふうに“セレスティーヌ”もすてきな時間を過ごすことができてうれしそうでした。

“もぐもぐ”がスタッフに仲間入りする以前からも、学校の家庭科や手芸部の単位でハッピートイズプロジェクトにご参加いただいた方々がたくさんいらっしゃったと耳にしていたのですが、今回初めて、“世界の子どもたち”へ思いを同じにする松蔭高等学校の生徒さんと、ハッピートイズプロジェクトを通した試みに参加できてとてもよかったです。生徒のみなさん、本当にありがとうございました。

本日更新した「作品ギャラリー」には、生徒さんたちが投稿されたねずみくんたちがアップされていますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。また、この「作品ギャラリー」では、それぞれの作品について“コメント”を投稿することができます。投稿の仕方は以前ご紹介したコチラをご覧ください。

2008年3月月 7日(金)ページトップへ