フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2008年3月 7日(金)
カテゴリー: スタッフの日記

初めての取り組み。

こんにちは、“もぐもぐ”です。

今日は、「フェリシモ ハッピートイズプロジェクト」に参加していただいた、ある方々をご紹介したいと思います。

“学校法人 松蔭女子学院 松蔭高等学校”が実施しているカリキュラムである「チャレンジ・プログラム」の活動の一環として、「世界の貧困下の子どもたちについて考える」というテーマのもと、3年生の8名の生徒さんにハッピートイズプロジェクトに参加していただきました。生徒さんは12月から2007年度のキャラクター“元気なねずみくん”の製作に取り組んでおり、今回11体のねずみくんが完成しました!

先日、完成した“ねずみくん”たちを届けに、代表生徒さん4名が『フェリシモ』にいらっしゃったので、その様子を久しぶりの登場となる“セレスティーヌ”とともにみなさまにご紹介したいと思います。

“セレスティーヌ”と“もぐもぐ”が生徒さんの待つ席に行ってみると……。

Img_3816

すでに個性豊かなねずみくんたちがテーブルの上に勢ぞろいして出迎えてくれました。「とってもカラフルでかわいいっ!」 “セレスティーヌ”も“もぐもぐ”も思わずにっこり。^^ ねずみくんたちと一緒に置いてあるのは、生徒さんたちがねずみくんを受け取る子どもたちへの思いを込めて描いたメッセージカードです。

Dsc05765_3 このねずみくんたちは、2008年2月23日・24日に“神戸阪急百貨店”でも展示されたそうですよ。ゴミ問題の観点や、貧困と環境の観点から実施されている、同校の「グリーンエコイベント」という教育活動の一環として行われた活動の展示と合わせて、生徒さんのねずみくんたちも紹介されたそうです。

Img_3817Img_3821_2

Img_3818_2Img_3820_2

Img_3819_2

さっそく、ちょっと緊張気味(!?)の代表生徒さんたちにインタビューです!

Img_3814

セレスティーヌ
>>今日はありがとうございます! レポーターのセレスティーヌです。さっそくですが、生徒さんに今回の取り組みについて伺いたいと思います。今回ハッピートイズプロジェクトに参加してぬいぐるみを製作してみていかがでしたか?

生徒Aさん
>>もともと縫いものが苦手だったけど、布選びを友だちとしたり、リボンなどの小物を考えるのが楽しかったです。

生徒Bさん
>>最初、簡単そうだなと思ったけど、実際に作り方説明書や写真を見て、思っていたより本格的で難しそうで無理かもって思いました。だけど、参加するならちゃんとやりたいと思って参加しました。完成するか不安だったけど、ほかのみんなが楽しそうに作っていたので、自分もやってみようと思えたし、教えてもらいながら作っていたら楽しくて予想以上にかわいくできてとてもうれしいです。

生徒Cさん
>>大学で外国について勉強して、将来は国際貢献に関わる仕事がしたいと思っていたときにこのプロジェクトのことを聞いて参加しました。実際に仕事としてではなくても、自分がちょっとがんばって手づくりするだけでも困っている人を助けられるんだ!ということに気づいて、国際貢献の視野が広がりました。

生徒Dさん
>>単純に楽しそうだな、高校生最後の思い出作りにしたいなと思って参加したけど、作っている途中に寄贈先の子どもたちのことを考えたり、完成したぬいぐるみを見ているうちに、子どもたちのために役立ってよかったな、またやってみたいと思うようになりました。

セレスティーヌ
>>みなさん、ねずみくんたちの製作に楽しく取り組んでいただけたみたい。それに、さすが!若い感性でぬいぐるみ製作以外にもいろいろなことを考える機会にもなったようで、よかったです!!
では、このねずみくんたちが贈られる子どもたちに対しては、どんな思いですか?

生徒Cさん
>>作り方をまちがえちゃって顔の向きが作り方説明書通りにできなかったけど、かわいくできたから楽しく遊んでもらえたらいいなと思います。

もぐもぐ
>>そうなんですか!? 私はアレンジしてあるんだと思いましたよ。とってもかわいいですよ!

生徒Bさん
>>一生懸命作ったので、ずっと大事にしてもらいたいです。

セレスティーヌ
>>生徒さんの温かい思いで、こんなにかわいく作ってもらったら、きっとずっと仲良くしてもらえるはず。^^ このねずみくんたちと出会うことができる子どもたちがうらやましいな。今日は本当にありがとうございました。これを機会に世界のことや子どもたちのことにもっと興味を持ってもらえたらいいですね。

……と、こんなふうに“セレスティーヌ”もすてきな時間を過ごすことができてうれしそうでした。

“もぐもぐ”がスタッフに仲間入りする以前からも、学校の家庭科や手芸部の単位でハッピートイズプロジェクトにご参加いただいた方々がたくさんいらっしゃったと耳にしていたのですが、今回初めて、“世界の子どもたち”へ思いを同じにする松蔭高等学校の生徒さんと、ハッピートイズプロジェクトを通した試みに参加できてとてもよかったです。生徒のみなさん、本当にありがとうございました。

本日更新した「作品ギャラリー」には、生徒さんたちが投稿されたねずみくんたちがアップされていますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。また、この「作品ギャラリー」では、それぞれの作品について“コメント”を投稿することができます。投稿の仕方は以前ご紹介したコチラをご覧ください。

最後にねずみくんグループでパチリ。セレスティーヌも仲間が増えてうれしそうです。

Img_3822

2008年3月 7日(金)ページトップへ