フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2012年6月月12日(火)
カテゴリー: 寄贈レポート2012年度

福島県の“西郷保育園”のこどもたちへ「ハッピーうさちゃん」をお贈りしました

こんにちは!

福島県いわき市の“西郷保育園”のこどもたちへ「ハッピーうさちゃん」を30体お贈りしました。
Dsc02289
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

いろんなうさちゃんたちが、勢揃い!
旅立ちを前に、なんだかみんな誇らしげな表情に見えます。
こどもたちといっぱい遊んでね~!

お送りしたあと、フェリシモにお礼のメッセージと、こどもたちからお手紙が届きましたので、ご紹介いたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

宅配の方が大きな大きな箱を持って玄関に入ってきました。
みんな一斉にその大きな箱に目がいきました。勿論私たちもなにかしら?とうれしい顔になりました。もしかしたら「ハッピートイズ」ワクワクしながら子どもたちと一緒に開けました。
わ!かわいい…かわいいを連発してました。
つい手を出して1つとろうとして注意された子もいました。全部のぬいぐるみを玄関前に並べて御父兄の方にもご披露しました。やはりここでも「わ!かわいい、かわいい」です。
お母さんたちも「私も欲しいです、せんせー」と云ってました。
次の日にひとりひとりに手渡しました。
自分で選んだぬいぐるみをうけとりうれしそうに胸にだきしめていました。
4才5才の男児は少々照れながらうけとっていました。自分たちでぬいぐるみに名前をつけて楽しんでいます。

放射能も少しずつ落ち着いてきましたので子どもたちも少しの時間は庭遊びもできるようになりました。

ぬいぐるみのお顔は勿論、姿もひとつひとつちがって心をこめてお作りになったのが伝わってきます。本当に世界でただひとつのプレゼントです。
私たちはとても幸せを感じております。
子どもたちもお気に入りのぬいぐるみを胸にだきしめてうれしさいっぱいです。
子どもたちはぬいぐるみの事を降園時にお母さんたちにいっしょうけんめいに伝えてました。
大事に大事につかわせて頂きます。ありがとうございました。

Dsc02488
Dsc02490 Dsc02492 Dsc02493
Dsc02494 Dsc02495
Photo_6 Photo_7
Photo_9 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Dsc02450_2こんなに大きな写真も送ってくださいましたよ~。こどもたちのうれしそうな笑顔や直筆のお手紙にとっても感動しました。ひとりひとりの笑顔がキラキラしていて、心にこみ上げてくるものがありました。こどもたちのうれしそうな笑顔を見ると、もっと頑張ろうって思いますね。

東日本大震災、被災地域のこどもたちへのハッピートイズ寄贈先を募集しています。寄贈先のご応募をいただく際は、専用エントリーフォームよりお願いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
20110720075459_2

「フェリシモ ハッピートイズプロジェクトの最新情報はこの「ハッピートイズ通信」のほか、メールマガジン(ご登録はこちら)」でも順次お届けいたします。

2012年6月月12日(火)ページトップへ