フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2012年7月月31日(火)
カテゴリー: 寄贈レポート2012年度

“植田保育園”よりお礼のメッセージが届きました

先日、ハッピートイズをお贈りした“植田保育園”よりお礼のメッセージが届きましたので、ご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

保育室にハッピートイズを持っていくと、興味津々に近づいてくる子どもたち。
「これは全国のたくさんの方々が、地震などで怖い思いをしたみんなが元気になるように、と心を込めて作ってくれたものです。みんなにプレゼントしてくださいと送ってきてくれたものです」と説明すると、「うわ~、すごい」「かわいい」と歓声をあげ喜ぶ子どもたち。一つひとつに名前とメッセージが記入されていることを伝えると、お友だち同士で見せ合い、名前を教えたり、抱きしめたりする姿があちこちで見られました。

降園の際にも、お迎えに来た保護者に「これもらったんだよ!」「かわいいでしょ!」と嬉しそうに教え、大切そうに抱きしめ持ち帰っていました。

Dsc02503_2 Dsc02504 Dsc02505
Dsc02506 Dsc02507

この度は、たくさんのハッピートイズをお送りいただきありがとうございました。

とても丁寧に作っていただき、一針ひとはりからも皆様方の優しさとご苦労が伝わり、子どもたちだけではなく私たち職員も胸をあつくしております。

当園も震災当日は雪が舞う中、恐怖に震えながら津波から避難するなど、子どもたちも大変ショックを受けておりました。しかし、たくさんの方々からの温かい励ましや心のこもった支援物資などから元気をもらい、余震が頻発する今でも、子どもたちは元気に園生活を送っています。

福島県に位置する当園なので、依然として放射能問題は無視できない大きな課題となっておりますが、皆様からの応援を支えに、これからも以前のような子どもたちの笑顔と歓声あふれる保育園になるよう努力していきたいと思います。

最後に、ステキなハッピートイズ本当にありがとうございました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こどもたちのうれしそうな笑顔を見ていると、私たちにも元気と勇気が湧いてきますね。
みんな大事そうに胸に抱えて、いい笑顔でポーズをとっていますね。お友だちになれてよかったです。

東日本大震災、被災地域のこどもたちへのハッピートイズ寄贈先を募集しています。寄贈先のご応募をいただく際は、専用エントリーフォームよりお願いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
20110720075459_2

「フェリシモ ハッピートイズプロジェクトの最新情報はこの「ハッピートイズ通信」のほか、メールマガジン(ご登録はこちら)」でも順次お届けいたします。

2012年7月月31日(火)ページトップへ