フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2014年3月月27日(木)
カテゴリー: 作り方

「奥山 佳恵さんと一緒に作ろう!」/笑顔を咲かせるリスちゃん製作体験記☆(その1)

先ごろ2014年もハッピートイズプロジェクトに参加してくださることを宣言してくださった女優・タレントの奥山 佳恵(おくやま・よしえ)さん

今日は、奥山さんの2014年度のキャラクター「笑顔を咲かせるリスちゃん」のパッチワークタイプの製作体験記のレポート(その1)をお届けします。

2009年より『FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT』にご参加いただいて、今年で6回目の参加をしてくださる奥山さん! これまでのぬいぐるみ作りの思いや、製作のポイントやコツをご紹介してくださっていますので、ぜひご自身が製作されるときの参考になさってみてくださいね!

ではご覧ください~!

*************************************************

みなさま、こんにちは! (・∀・)
いつもこのコーナーをご覧いただいてありがとうー!

さてさて、今年で参加させていただいて「6年目」となる
だいすきなハッピートイズプロジェクト。

ふりかえれば……
はじめて参加させていただいたのは
空良が小学校に入学したばかりのころ。

まだ私もママとして、小学校生活に慣れていなかったんだけれど
入学して2ヶ月ほどたったころ、このプロジェクトにお仕事を通じて出会って。
すっごくいい企画だ! これはぜひ、空良の通う小学校で呼びかけて、みんなで作りたい!
なーんて思って、思いきってPTA会長さんに人生初の企画書を書いて提出したんだよねー。

ありがたいことに、みんなに受け入れていただけて、
協力をしてくれるやさしいお友達にも恵まれたおかげで
その年以降、小学校では毎年恒例のイベントになっているんだよ♪

それが6年目。そう、今年で空良は小学校生活が最後!
小学校でのぬいぐるみ作りイベントも、きっと最後~。
月日の流れってほんとう、あっというまね……。

なんて干渉にひたっていてもしかたがないっ。

今年もたのしく、ぬいぐるみを作りたいと思います!

まずは恒例の「子どもたちの不要になったお洋服」探しから♪

さっそくいいモノ見つけましたー。今年は、空良のお洋服です。
チェック柄がだいすきな空良。このお洋服も大のお気に入り。
けれど、もう……とっくにサイズアウトで
丈なんてコッケイなほどツンツルテンで、
着ると「ボレロ」にしか見えない、シャツ。

1_2
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。
こんなにお気に入りで、こんなにながーく着たんだもの。

今年はこのシャツをぬいぐるみに変身してもらおう!

2014年3月月27日(木)ページトップへ

2014年3月月20日(木)
カテゴリー: 寄贈レポートスタッフの日記

宮城県気仙沼市のこどもたちへハッピートイズをお贈りしました

こんにちは!

宮城県気仙沼市の階上保育所、波路上保育所、キッズROOMおひさまへハッピートイズを計128体とジャンボトイズくん6体をお贈りしました。
R1034007 R1034010 R1034013
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。
大きさ比較の為に、うまくんと並べてみましたよ~!大きい~!!

お贈りしたのち、早速フェリシモへお礼のメッセージが届きましたので、みなさまへご紹介いたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

階上保育所より

ホールにはひな段が飾ってあります。その隣に大きな袋と箱を持ったお姉さん2人!!
袋の中から出てきたのは、大きな大きなぬいぐるみ。
あまりの大きさに歓声があがり、みんな笑顔。
その中でちょっとびっくりしたのは、1歳の女の子。その時は少し泣いたのですが、その日のうちにすっかり仲良くなりました。
大きなぬいぐるみは、おひなさまの両隣にすわって毎日みんなの遊びをみています。
小さいぬいぐるみは1人ずつが選び、お家へ持ちかえった人もいます。ご家族の方にもとても喜んでいただきました。

ハッピートイズを作っていただきありがとうございます。気仙沼は少しずつ少しずつ復興しております。が、以前の町にもどるのは何年先になるのかわかりません。みなさまのお心遣いにとても感謝しております。
今後もよろしくお願いします。

「とってもうれしかったです」(Sくん)
「かわいかったです」(Sくん)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

波路上保育所より

大きなぬいぐるみ、編ぐるみを見たこども達はびっくり「かわいい~~」「おもい……」
と言いながらも自分より大きい人形を代わる代わる、ハグしてました。
また、好きな人形を一人ずつ選んで手にし、私のは「○○ちゃん」と互いに見せ合いっこしてました。男の子が妹にあげたいとピンクの人形を選びにっこりしてました。

かわいい編ぐるみ、ぬいぐるみ人形のプレゼントをいただきありがとうございました。
すばらしい人形たちのできばえに驚きました。
「かわいい~~」とどの子も大喜びでした。
何よりも手にした時のこどもたちの表情が良かったです。
人形たちがこどもたちをあったか笑顔にしてくれたようです。

ありがとうございました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

キッズROOMおひさまより

目にした瞬間、歓声とニコニコ笑顔に包まれました。作っていただいたお一人お一人の♥(ハート)がつまっていて感謝いたします。
こどもたちには「人の優しさ」をしっかり教えてまいります。

ありがとうございました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

文面から、こどもたちの様子が、浮かんできますね~! 喜んでいただいて本当に良かったです。
これからも、こどもたちに元気や希望、夢を届けてくれますように。

また、寄贈先よりお便りが届きましたらこちらの「ハッピートイズ通信」でご紹介いたします。

2014年3月月20日(木)ページトップへ

2014年3月月17日(月)
カテゴリー: スタッフの日記

rapport(vol.2) L’Aiguille en Fête X FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT

ボンジュール!“おとめ”です。

先日レポートした、パリで行われた『L'aiguille en fête(針の祭典)』へハッピートイズプロジェクトが初めてスタンド(ブース)を出展しお披露目展示会を行った様子の続きをお届けします。
Image_18
(画像をクリックすると大きな写真が見られます)

ハッピートイズプロジェクトのスタンドには、日本のみなさまに作っていただいたトイズたちの中から来仏した200体が飾られました。そのほかにも、フェリシモの手芸ブランド『Couturier[クチュリエ]』でコラボレーションをしているフランス人の作家さんたちに作っていただいたトイズも飾られました。例えば、この展示会でスタンドを出展していらっしゃるモニック・リヨネさん。彼女は今やパリで大人気のメルスリー「ラ・クロワ・エ・ラ・マニエール」のオーナーです。
モニックさんもハッピートイズのスタンドに来てくださいました。昨年末日本に渡り、神戸・三宮会場で展示された彼女自信が作られたトイズと再会! 記念にツーショットを撮影させていただきました。

Image_19

そのほか、クチュリエとは長いお付き合いになる「メゾン・サジュー」からのトイズがこちら。

Image_20

また、パリの風景をクロスステッチで描いたキットでコラボレーションさせていただいた、アンヌ・ソイエ=フルネルさんのトイズ(写真左)も。※右は上記のモニック・リヨネさんのトイズ。

Image_21

そして、「第9回 フェリシモクチュリエ大賞」でクチュリエ大賞を受賞された阿部久見子さんのトイズもパリにやってきてお披露目されました。繊細で凝った表現の作品はとても人気でした。(写真右) フェリシモのオーガニックコットンでインドの綿花生産を支援するPBPのトイズも飾られました。

Image_23

日本の製作スタッフのみなさまが作ってくださったトイズたちは、こんな風に飾りました。

Image_24

Image_25

Image_26

前回のレポートでは、ワークショップの様子を少しだけお伝えしましたので、どんな様子でみなさま参加されたのか、もうちょっと詳しく写真を公開したいと思います。

とにかく、細かい作業に夢中で取り組まれる方。

Image_27

Image_28

親子で参加された方。

Image_29

Image_32

その場で出会った方たちと、すぐに仲良くなってしまうフランスの人気質により、ワークショップテーブルはいつも和気あいあい。

Image_30

できあがった手のパーツを持って記念撮影!

Image_33

Image_34

それではこのあたりで! また次回のレポートを楽しみにしていてくださいね。

ちょっと視点を変えて、目に留まったお客さまの持ち物をご紹介してみようかな!?と思います。

2014年3月月17日(月)ページトップへ

2014年3月月14日(金)
カテゴリー: スタッフの日記

東北のこどもたちへハッピートイズをお贈りしました

東日本大震災からまる3年を迎えるにあたり、東北のこどもたちへ2012年のキャラクター「やさしいコアラさん」が贈られました。

今回、東北の9施設に、941体のハッピートイズを寄贈しました。

贈られた「やさしいコアラさん」をご紹介いたします。
R1034067 R1034068 R1034069 R1034070 R1034072_2
R1034074 R1034096 R1034097 R1034098 R1034099
R1034100 R1034101 R1034102 R1034114 R1034086
R1034076 R1034077 R1034078 R1034081 R1034082
R1034065 R1034061 R1034062 R1034063 R1034088
R1034089 R1034090 R1034091 R1034093 R1034094
R1034055 R1034056 R1034057 R1034058 R1034059
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

1体1体、製作してくださったみなさまがそれぞれに、トイズにおなまえとメッセージを書いてくださっています。
R1034115 R1034116
こどもたちはタグに書かれ名付けられたトイズのなまえを呼んだり、一緒に遊んだりしますので、製作されるみなさまは、ぜひトイズにおなまえを付け、メッセージを書いててくださいね。

各施設より寄贈レポートが届きましたら、また詳しくお届けします。

2014年3月月14日(金)ページトップへ

2014年3月月 5日(水)
カテゴリー: スタッフの日記

2013年度の「参加キット」販売終了のお知らせ

2013年度のキャラクター「ランRUNうまくん」を製作する「参加キット」の販売は終了いたします。
※2013年度の「参加キット」で製作いただいたぬいぐるみについて、2014年3月24日(必着)までにフェリシモへ到着したぬいぐるみは、世界の子どもたちへ寄贈させていただきます。

2014年度のプロジェクトサイトは現在準備中です。
もうしばらくお待ちください。

2014年3月月 5日(水)ページトップへ