フェリシモ ハッピートイズプロジェクト

バックナンバー

ハッピートイズ通信 こどもたちへの寄贈の様子など、プロジェクトの最新情報をお届けします。

2011年10月月19日(水)
カテゴリー: 男子手芸部2011年度作り方

男子手芸部 ケンタロウ編 トナカイさんに挑戦(その3)

こんにちは。『Couturier[クチュリエ]』の“ケンタロウ”です。

前回までに主なパーツを製作して油断していました。気が付けば、あっという間にお披露目展示会に向けたエントリー締め切り期日。締め切り日前ギリギリの週末に続きにとりかかりました。

まずは、パーツの中でできていなかった角を作りました。ステッチが目立つように黒い糸でランニングステッチを入れました。「小さなパーツは、綿を入れながら作るといいですよ」とプロジェクトに参加してくださっている、女優・タレントの奥山佳恵さんがおっしゃっていらしたので試してみるととてもうまくいきました!
Img_4480_2
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

頭と胴にわたも詰めました。
Img_4481

頭の返し口から針を入れて、目を付けます。目の位置で表情がずいぶん変わるので、感覚ですが、思い描いた顔つきになるように付けました。でもまだこれでは何の動物かわからないですね。
Img_4484

続いて鼻を作りました。小さなパーツなので細かく縫うのは集中力を使います。ぐし縫いして、わたを少し入れ引き絞ると丸い鼻になりました。トナカイといえば赤い鼻!?ということで、赤いフェルトで作りました。
Img_4486_2

鼻はコの字とじで縫い付けます。ちょっと表情が出てきました。でもまだトナカイには見えません。
Img_4491

次に耳です。こちらもコの字とじで縫い付けます。真ん中を少しつまんでくぼんでいるような感じを出しますが、それほどうまくできませんでした。でもそこはご愛嬌です。
Img_4493

角を付けたら、一気にトナカイに変身!! 我ながら良いでき!?と自画自賛です。
Img_4495

完成に近づいて調子に乗ってきました! 頭と胴、こちらもコの字とじで縫い合わせていきます。頭と胴の間にわたを詰めながらぐるりと縫い付けます。こんな感じになりましたよ。
Img_4496

さていよいよフィニッシュが近づいてきましたわたを詰めて、完成させた手や足を、長いぬいぐるみ針を使って取り付けていきます。座らせたときや、手足を伸ばしたときにもかわいく見えるように、バランスを見ながら付けました。

最後に、首飾りのベルを付けて完成!!
Img_4498

なかなか上手くできた!?のでは??と思います。

やっと完成したトナカイさん。2011年10月18日(火)がお披露目展示会に向けたエントリー締め切りでしたが、ギリギリ滑り込んで提出しました。
実は、口のラインを刺しゅうするのを忘れていて、お昼休みにオフィスのデスクでチクチク、にっこり笑顔のラインを入れて完成させ、提出することができました。

お披露目展示会に向けたエントリー締め切りに向け、フェリシモにはたくさんのトイズが全国から届いていました。運送事情で遅れている荷物もあるかもしれないとのことで、事務局では少し余裕を見てお受け付けしているとのこと。ですから、今できあがったよ!という方や、今夜には完成しそう!という方も、あきらめずにフェリシモへ発送してみてくださいね。

2011年10月月19日(水)ページトップへ

2011年5月月12日(木)
カテゴリー: 男子手芸部2011年度作り方

男子手芸部 ケンタロウ編 トナカイさんに挑戦(その2)

こんにちは、フェリシモの手づくりブランド『Couturier[クチュリエ]』の“ケンタロウ”です。

頭まで縫った「未来へかけるトナカイさん」、少しだけ製作が進みました。

前回までに、型紙を切って、布に型を写して、それぞれのパーツはカットし終わっていますので、あとはどんどん縫い進みます。

布を中表に胴を作りました。胴を作るときに忘れてはいけないのが、シリアル番号入りの“タグ”を挟み込んで縫わないといけないことです。工程ごとに「作り方説明書」を確認せずに読みとばしたりしながら作るとついつい忘れてしまうという失敗をしたことがあります。以前してしまったもうひとつの失敗……。縫うときに布が中表なのに“タグ”を反対に挟んでしまい、表に返したら“タグ”が中側に付いてしまったり、上下逆に挟み込んでしまったということもありました。また、フェリシモに全国のみなさまから届いたトイズの中には、“タグ”が深く縫い込まれすぎて、シリアル番号の一部が隠れてしまっているぬいぐるみがあるそうです。縫い線に対して挟み込む分量も注意しなければいけないみたいです。

中表に“タグ”を挟んで縫うとこんな感じです。
006_2
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

縫い上がりました! 表に返してみるとコロンとした胴が完成。
007
“タグ”には、ぬいぐるみのなまえと、こどもたちへのメッセージを書く欄があります。僕は、完成後のご対面!?の瞬間のインスピレーションで名付けをしたいと思います。
そしてこれもまた、フェリシモに全国のみなさまから届いたトイズの中には、“タグ”に何も書かれていないぬいぐるみもあるそうです。せっかく世界のこどもたちへ、時間をかけて思いを込めてていねいに作られたぬいぐるみですので、ぜひ名付けしていただいて、ぬいぐるみを抱っこして遊ぶこどもたちへのメッセージを書いてくださったらと思います。きっと“タグ”に手書きされたなまえやメッセージを見たら、こどもたちは手づくりのあたたかみや作り手の方の思いを感じてくれるのではないかなと思います。

008 次に手・足のパーツを縫い合わせました。足先のひづめの部分が切り替えになっているのでチクチク。縫う長さは短いですが数があるので、ずいぶん作った気分になりました。
と、ここで一旦作業終了。

続きはまた今度にしたいと思います。

2011年5月月12日(木)ページトップへ

2011年5月月 7日(土)
カテゴリー: 男子手芸部2011年度作り方

男子手芸部 ケンタロウ編 トナカイさんに挑戦

こんにちは。

フェリシモの手づくりブランド『Couturier[クチュリエ]』の“ケンタロウ”です。

『Couturier[クチュリエ]』でも「男子手芸部」を発足して、広く世の男子のみなさまへ「男子も手づくりしてみよう!」と呼びかけています。

Photo_2_2
『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』の「男子手芸部」の部員にもなっていますので、2011年度のキャラクター「未来へかけるトナカイさん」の製作にチャレンジ!! 今年も部活してぬいぐるみを作りたいと思います。

上手じゃなくても、世界のどこかのこどもの手に渡ったときに、すぐにほつれたり壊れてしまわないよう、しっかり縫い合わせて作りたいと思います。

それでは早速始めます!

001_3 まずは、型紙を切って布の裏側に“カット線”を写します。写真は頭です。2枚と作り方説明書に記載があるものは型紙を裏と表2枚左右逆の形に写します。型紙のまわりのねずみ色の部分は“縫い代”です。縫い線を写した後、このまわりのねずみ色の部分をカットして、ひとまわり小さくなった型紙で今度は“縫い線”を写します。
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

女優・タレントの奥山佳恵さんは、裏技で、この型紙のまわりのねずみ色の部分(縫い代)を最初から切りおとして縫い線を写して、そのまわりにひとまわり大きくフリーハンドで縫い代分(トナカイさんの縫い代は0.5cm)をとってカット線を写していらっしゃいました。

この型紙を写すときに、型紙のあちこちにマークがある“合い印”と“パーツのなまえ”も写しておきます。“合い印”は、パーツを合わせた時に合わせ位置の目印になります。たくさんパーツがあるので、どれがどのパーツかわからなくなってしまうことがあるため書いておくそうです。ですが面倒になってよく作業を飛ばしてしまい、やっぱり後でよくわからなくなってしまったりするんですよね……。

僕は今回、カット線を写して布をカットしたところで、奥山佳恵さんとは逆パターンで内側に0.5cmの“縫い線”を描いてやってみました。でもあとで考えたらこのパターンだと型紙に対してフリーで線引きするので形が微妙に変わってしまいやすいかな!?と思いました。縫い線を型紙で写して、縫って布を表に返したら中に入ってしまう縫い代になるカット線の方をフリーハンドにした方がよさそうです。でも、どんどん作業してしまって、もう後戻りできないので、これも個性!?と思って進行……。その分しっかり縫う方でがんばりたいと思います。

002_2 さて、型紙を写してパーツをカットしたらいよいよ縫製です。頭の中央にあたる部分を縫ってみました。ここは“縫い線”がカーブしています。しかもパーツを合わせるとカーブが逆なので縫い合わせるのに気を使います。中表に合わせた2枚の布のそれぞれの縫い線に針が通るように、慎重に縫いました。

003_2 頭の布2枚も中表に合わせて前の部分を縫いました。縫う作業にも慣れてきて少しスムーズに縫えるようになってきた気がします。先ほどの頭の中央部分と左右のパーツを合わせて縫い進みます。複数のパーツを縫い合わせるのはやはり慎重になります。真剣に縫っているといつしか没頭して時間を忘れてしまいます。無心になっていて、これってスポーツとかにも似てるかな!?と思うことがあります。この集中してやってる感じが“男子手芸”!って感じです。

004_2005_2 そして頭が完成! 完成したら表に返す前に縫い代に切り込みを入れておきます。こうするとわたを詰めてかたちにしたときカーブがきれいに出るそうです。しかし、縫い糸を切ってしまわないように慎重にカットしなければなりません。

と、ここで休憩。続きはまた今度お送りします。

2011年5月月 7日(土)ページトップへ

2010年10月月20日(水)
カテゴリー: 2010年度男子手芸部コラボTOYS

男子手芸部 ケンタロウ編 アノネ×ハッピートイズ

こんにちは。ハッピートイズプロジェクトの参加キットを手掛けている『Couturier[クチュリエ]』の“ケンタロウ”です。フェリシモの男子が“男子手芸部”として活動しているので、僕も部員としてプロジェクトに参加しました。

僕が挑戦したのは、アノネ×ハッピートイズのコラボで誕生した、ミニうさぎバージョン! 通常の「ハッピーうさちゃん」より小さいうさぎです。

Toys_003 できあがり見本作品をくらべてみると大きさの違いがよくわかります。ちょうど親子みたいでしょ。小さいから簡単かな?とか早くできるかな?とか思いますが、型紙を写したりする作業工程数は同じです。しかも縫い線の長さは短いけれど、縫い線のカーブは急になるのできれいなカーブが出せるのだろうかと期待と不安が入り混じります。
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

ano:ne[アノネ]』×ハッピートイズだからこそ生まれた、ミニバージョンのうさぎちゃんの型紙は販売を検討中です。ご案内が決まりましたら、このブログやハッピートイズのメールマガジンでお知らせします。

さて、製作です。

001_2ano:ne[アノネ]』のブランドのひとつ、キュートな『anie minee [エニーミニィ] 』のハギレで作ることにしました。型紙を写していよいよ縫製です。想像通り、縫い合わせる長さは短いのですが、逆にその分少ない縫い目でしっかり仕上げないといけないところが集中力の見せどころ、ていねいに作らないとガタガタになってしまいそうです。

2010年10月月20日(水)ページトップへ

2010年10月月16日(土)
カテゴリー: 2010年度男子手芸部コラボTOYS

haco.手芸部、男子メンバーのうさちゃん

こんにちは! haco.手芸部メンバーの“トッコ”です。

先日に続き、スタッフから「僕もできたよー」との声が……!

男子スタッフ“モーリー”が、spicaの生地を使って「ハッピーうさちゃん」を製作しています。
作っている途中のパーツの写真を撮ってもらってたのでご紹介します。

耳、haco.14 スペシャルワンピースの「ネオンスノー柄」が懐かしいです。
1_5
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

手、これはhaco.23で大人気だった○△□の幾何学模様と花柄の生地ですね。
2_2

足、haco.17 スペシャルワンピースの「花柄」 スペシャルカラーバージョンも登場!
3_2

これだけたくさんのspicaの生地を使って、
いったいどんなトイズが完成したのでしょうか??
 
完成版は……haco.26 冬号で紹介予定なので、お楽しみに♪

このように、好きなブランドのプリント生地を上手に組み合わせて製作するトイズも楽しいですね。

ほかのスタッフもそれぞれhaco.のこれまでのカタログを見返しながら、サンプル用生地から布選びをしたり、自分の持っているhaco.のお洋服をカットしてパーツ用の布を準備して製作を楽しんでいます。

2010年10月月16日(土)ページトップへ

2010年10月月 4日(月)
カテゴリー: 2010年度男子手芸部

男子手芸部 HIRO編 ついに完成!

フェリシモ ハッピートイズ男子手芸部の“HIRO”です。こどもの小さくなったサッカーのユニフォームで「ハッピーうさちゃん」を製作してきました

この度、ついに!!見事!?に完成しました!!
Img_2027_2
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

なまえは、「サムライ」くんにしました。エンブレムが前にくるようにして、ユニフォームを仕立てて着せました。背中にはちゃんと10番の背番号があります。しっぽの先には国旗、シリアル番号入りタグは隠れてしまわないように胴ではなくユニフォームにつけました。

Img_2026 Img_2032 Img_2034
Img_2030 Img_2031 Img_2029_2

家庭科以来、針と糸を持つこと自体ひさしぶりでしたが、案外できばえには満足しています。

2010年10月月 4日(月)ページトップへ

2010年9月月25日(土)
カテゴリー: 2010年度男子手芸部

男子手芸部 シオ編

こんにちは。
男子手芸部員の“シオ”です。

前回の活動で頭が完成してから1ヵ月余り……まったくの手つかずでした。^^;

ですが、締め切りまで1ヵ月を切ったことに気づき(というか、周りからお尻を叩かれ)、ついにここまで進めました!
__

本当は一気に仕上げたかったものの、中に詰める“わた”が手もとになかったので残念ながらここでストップ……。

それにしても、ここまでくるとかなりの達成感が味わえます。レゲエを奏でる我が家のスピーカーに乗せて、記念撮影しちゃいました。^^

頭や胴体は我ながらまずまずのできばえ。手足のフォルムがかなりガタガタしてますが、これは内側から縫い代(?)に切り込みを入れてわたを詰めることで、ある程度解消できると、『クチュリエ』の編集長が教えてくれました。

あー早く完成させたい!

2010年9月月25日(土)ページトップへ

2010年9月月24日(金)
カテゴリー: 2010年度男子手芸部

男子手芸部 HIRO編

こんにちは、ハッピートイズの男子手芸部、FELISSIMO部員の“HIRO”です。

お披露目展示会に向けたエントリーの締め切り日が10月18日(月)と近づいてきたので、前回の続きをしました!

仕事を終えてデスクで部活動! 普段とは違う心地いい疲労感と、ひと味違った達成感をデスクで味わいました。

では早速奮戦記をご覧ください。

まずは、頭と胴を縫いつけました。(足をつける前にこれをすればよかった……足が無い方が縫い糸が引っ掛からなくてよかったかも、作り方説明書もこっちが先でした)
Dsc06123 Dsc06127 Dsc06128

できました!
Dsc06129

まだ耳が無いので不思議な生き物みたいになってしまいました。男子的には、これはコレでおもしろいかも!?

そして、手をつけます。
Dsc06130 Dsc06131 Dsc06132

できました!!
Dsc06134

耳が無いけどなんだかカワイイぞ!(って思うのは自分だけかも……親バカです)

2010年9月月24日(金)ページトップへ

2010年8月月 9日(月)
カテゴリー: 2010年度男子手芸部

男子手芸部vol.3

男子手芸部の第3回目の部活動(ワークショップ)が開かれました。ほとんどのメンバーが
「やっぱ集まらないと進まないね~」と、自宅ではやはりなかなか製作が進まない様子。

しかし、人生初のぬいぐるみ製作ながら、部活動皆勤賞の“HIRO”はコツコツと作っていました!
Dsc_6633

でも、一番やってはいけないミス。シリアル番号入りタグの縫いつけを忘れていたことに気づく……。
4_2 6

シリアル番号入りタグをはさみ忘れたことに気づいて落胆の様子写真がこちら。みなさまもご注意ください。
Dsc_6639

16 こちらは、男子独特の荒治療!? 手芸用ボンドでの緊急修正を行う部員も……。“HIRO”は、刺しゅう糸で顔の口のラインを描く際に、刺しあがりの最後の玉どめを少々失敗して、裏側で補強のために手芸用ボンドで刺しゅう糸を接着した模様。こどもたちが手にしたときに破損しまわないようにと、本人なりの工夫と苦渋の対策のようです。え!そんなのアリ!?と突っ込むほかの部員たちでしたが、上手ではないけれどきちんと始末をしたということで、なんとかみんなから承認を得ることができました。

初回とくらべると、製作途中の会話のレベルも上がってきました。「ココをこうやって縫うと、頭が立体的になるんだ~」など。先の工程に進んでいる人が、自ずと「先生」的な存在になって、お互い教えあってみんなで作り進んでいくほほえましい空気が会場を包みます。(笑)
Dsc_6641_2 11

ぬいぐるみ製作という初体験に戸惑う男子たちですが、少しずつ針を持つ手つきもよくなってきた!?ような……。製作が進むほど、肩はこるけど楽しさが増していく、いつもと違う感覚“手芸”に酔いしれながらチクチク。
Dsc_6646 15

2010年8月月 9日(月)ページトップへ

2010年8月月 3日(火)
カテゴリー: 男子手芸部

男子手芸部HIRO編

はじめまして。先日“ハッピートイズのtwitter”でつぶやいた、“男子手芸部”に参加して人生初のぬいぐるみ製作に挑戦中の“HIRO”です。

僕はこどものお古のサッカーユニホームでぬいぐるみを製作中。布のカットが終わり、いざ縫い合わせる工程に入りました。

記憶をたどれば、およそ15年ぶりの針仕事。針に糸は難なく通せたけど、玉結びがなかなかうまくいかない……。

簡単そうな、耳から縫い合わせてみることにしました。
Hiro1
案外、縫い線同士を合わせながら縫うのは、むずかしい……。

“男子手芸部”のコーチ役の『Couturier[クチュリエ]』の“ケンタロウ”には、「このサッカーのユニホームは、生地が伸びるジャージー素材だから縫い目を細かめにした方がいいよ」とアドバイスを受けましたが、自分の中では、これでも細かめのつもり……。

縫い進めるとき、縫い糸を引くともつれて、なぜか大きめのループができてしまい、結び目ができてしまって縫い糸を引っ張っても動かない……。

解消できないまま「裏返すからいいか」と思い作業を続行! 完成したのち、将来的にほどけてしまわないように、3往復ほど縫っておくことにしました。

2010年8月月 3日(火)ページトップへ

2010年7月月20日(火)
カテゴリー: 男子手芸部

“男子手芸部”の続き

気合だけは充分! 勇ましく始まった“男子手芸部”ですが、「その後どうなったの?」と部員たちは『FELISSIMO[フェリシモ]』の女子社員からもよく聞かれ、男子が手芸!?とインパクトが大きかった模様……。

状況報告はと言いますと、マイペースです。。。

今日は、その後の様子を少しご紹介させていただきます。

某日、部活が招集され製作が繰り広げられました。レゲエな布合わせに取り組む男(ひと)、お気に入りの着古したシャツをこどもたちのためにぬいぐるみに!!と意気込む男(ひと)、サッカー日本代表のように夢や勇気を与えられるぬいぐるみを作るぞ!と張り切る男(ひと)などなど。いつの間にか競い合う面々……。
Dsc_5952 Dsc_5953 Dsc_5963
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。

生地合わせのイメージに、「作り方説明書」の図に色を付けてイメージ。これイタダキと、良いことはみんなで情報共有して製作を進めます。
Dsc_5954 Dsc_5968

時折り思案に暮れながらもみんな真剣。やり出すと結構ハマってしまいます。
Dsc_5976_2 Dsc_5966

型を写して、カットして……。少しずつ製作は進みます。
Dsc_5981 Dsc_5978 Dsc_5990_2

今年新登場のフェルトで作るぬいぐるみに挑戦する男(ひと)も。半型抜き済みフェルトのパーツを縫い合わせるだけですが、それでも七転び八起き、途中糸がもつれたり、縫い目がそろわなかったり、生地がズレてしまったり……、やっと耳が縫い上がりました。
Dsc_5992_2 Dsc_5994_2

それでも努力のかいあって、パーツのカットが進みました。ほっと一息時計を見ると、あっという間に時間が過ぎていました。
Dsc_5979 Dsc_5984 Dsc_5995

Dsc_5999 いよいよ縫い合わせ工程ですが、この続きはまた次回お届けしたいと思います。
(実はココで一旦解散! さぁ、次回はいつの部活に!?)

そして。“男子手芸部”のロゴができました!!
Photo_2
Tシャツにプリントしよう!とかエコバッグを作ろう!とかそんなことまで飛び出して、ノリノリで……。こんなことは手が早いのですが、肝心なぬいぐるみの製作はまだまだこれから、チームワークを大切に、締め切りまでに大作!?をご披露できるようがんばりたいと思います。

2010年7月月20日(火)ページトップへ

2010年6月月24日(木)
カテゴリー: 男子手芸部

“男子手芸部”キックオフ

Dsc_5291_4Dsc_5275 “男子手芸部”の第一回目の活動はミーティングでキックオフ。
手芸初めて同士が集まって、これからどうしたらいいのか相談です。「作り方説明書」を見ながらあれこれ……。
※写真の部分をクリックすると拡大写真もご覧いただけます。
 

Dsc_5325Dsc_5319 「玉結びってどうするんだっけ??」「半返し縫いは?」超初心者トークが盛り上がり、すっかりひと仕事した気分。試しに縫ってみるだけで、「イタぁ! 針刺さった!!」と針で指を刺し、他人を笑っていると自分も刺しと、針を持ったのは小学校以来がほとんどのメンバーたち。
 

Dsc_5347_2Dsc_5376_3 互いに競争心に火が付き、「レゲエなノリでラスタカラーにするぞ!」「俺はサッカーにちなんだデザインで」「My裁縫箱欲しくなってきたわぁ~」と、「参加キット」を持ち帰り各自ぬいぐるみ製作に取り掛かる誓いだけは威勢よく、製作というより話し合いに終わってしまいましたが、“みんなでワイワイと(手芸)するのは楽しい!”ということは体験できました。

さて“男子手芸部”の面々はハッピートイズを完成できるのでしょうか!?

2010年6月月24日(木)ページトップへ

2010年5月月31日(月)
カテゴリー: 男子手芸部

“男子手芸部”をスタートします!

こんにちは!

衣替えした公式サイトはいかがですか? 

このたびハッピートイズプロジェクトでは“男子手芸部”をスタートすることになりました。

実は、これまでも男性の方にぬいぐるみの作り手として参加いただいていました。男性にももっと参加して、こどもたちへ笑顔の贈り手になっていただきたいなと思い、“男子手芸部”をスタートすることになったもの。
最近ニュースでも男性の手芸愛好者が増えているとのこと……。

すでにぬいぐるみ製作に参加してくださっている方は、お友だちや会社の上司、彼やご主人など、ぜひ身近な男性に声をかけてお誘いくださいね。

プロジェクトの事務局でも、早速FELISSIMOの社内の男性陣に呼びかけをスタートしました。何人の男性社員が完成までたどりつけるでしょうか!?

「ハッピートイズ通信」では、製作の様子やできあがり作品のお披露目などなど“男子手芸部”の活動もご紹介していきますね。お楽しみに!

2010年5月月31日(月)ページトップへ